今では当たり前のように利用されている電話占いの歴史について


電話占いが現在とても流行っていますが、その歴史はどのようなものなのでしょうか

今では当たり前のように利用されている電話占いの歴史について

電話占いが現在とても流行っていますが、その歴史はどのようなものなのでしょうか。
どのような流れで今に至るのか、少しご説明していきましょう。

■始まりはダイヤルQ2サービスです
その名も「占ダイヤル」というものが始まりと言われています。
占いは必ず対面でなければ鑑定をしてもらえなかったけれど、このサービスが始まってからはコレクトコールによる電話占いも開始されました。
最初は個人で営業をしている人が多かったのですが、段々と法人化されてきました。
最初の頃は不信感を持つ人も多く、利用者は少なかったです。
特に携帯電話が無かった時代においては、家からの電話しか使えないということで、利用しづらい面もありました。
でも携帯電話が普及し始めてからは大分変わってきて、利用者が増えてきたのです。

■広告で宣伝されるようになりました
雑誌の広告などで宣伝をされるようになってくると、利用者が更に増えていきました。
日ごろから悩んでいることを聞いてくれる場所を求めていた人にとっては、とても良いサービスだと思うようになったのです。
本来、誰かに聞いてもらうだけでも落ち着くということがありますが、そういった存在に電話占いがなっていったのではないでしょうか。
家族がいると電話がしづらい…ということがあった昔と違い携帯電話が普及したことにより、家族に聞かれたくないことも話すことが出来るようになりました。

■様々な占いが普及し始めました
電話占い以外にもエール占いが始まり、インターネットが普及するとともに、占いサイトを立ち上げる人も増えてきました。
そのため選択肢が増えたことになります。
どのような占いを選ぼうかというように選ぶ楽しみも出てくるようになったのです。